新生銀行住宅ローンインタビュー

新生銀行の住宅ローンの評判の良さに迫る!

管理人

 

新生銀行の住宅ローンお申し込みサイトの管理人です。ここでは新生銀行パワースマート住宅ローンについて担当者の方に取材してきた特別インタビューをご紹介します。5つのポイントで多くの方から支持されている新生パワースマート住宅ローンについて、今現在、住宅ローンの借り入れや借り換えを検討されている方が気になる点、知りたいと思う点についてしっかり質問してきていますから最後までしっかりとチェックしていってください。


 

大川様

 

新生銀行ロゴ
新生銀行ローン商品部の大川様にパワースマート住宅ローンについてのお話を伺ってきました。


新生銀行住宅ローンのアピールポイントは?

新生銀行住宅ローンについて、まずそのアピールポイントを教えてください。また、他行の商品と比較した場合どような点が優れていますか?

新生銀行の住宅ローンには5つのアピールポイント、特色があります。その5つのポイントをあげていきますと
1 繰上返済が手軽にできる
2 保証料0円など諸費用が低く抑えられる
3 条件の良い借り換えローン
4 コールセンターで土曜・日曜・祝日でも相談可能
5 専門スタッフによるサポート
となります。

 

 

それではその5つのポイントについてその内容を具体的に教えていただけますか?

一番目のポイントの繰上返済のしやすさから見ていきましょう。

 

20年や30年といった長期の返済計画を立てることになる住宅ローンは時間が経過することで借り入れた当初と経済状況が変わってしまったり病気や事故などの予期できないことが起こるものです。

 

そういった時に最初に立てていた返済計画では資金に余裕がなくなることも考えられます。

 

移り変わりの激しい世の中で、このような将来の不確定要素による環境変化にも柔軟に対応できるようにプランを立てるのが最近の流行です。

 

毎月の返済額は余裕を持って返せるように低めに設定。資金に余裕がある場合には繰上返済を積極的に活用して利息と返済期間を圧縮するといった考え方が主流になっています。

 

この時に柔軟に対応するために役に立つのが繰上返済なのです。そしてさらに毎月の返済にプラスして積極的に活用していくと様々なメリットがあります。

 

 

繰上返済について調べてみると他の一般的な住宅ローンでは事前の連絡が必要などいろいろと手続きが面倒だったり、手数料が高いのに驚きました。

そうなんです、繰上返済は多くの住宅ローンで対応しているサービスです。しかし、その条件をひとつひとつ細かくチェックしてみると繰上返済をするのに1回について数千円から数万円の手数料が必要になったり最低金額高く設定されて100万円からと決められていたり、手軽に利用できるものが少ないのが現状なのです。

 

繰上返済にこうした条件がついていると繰上返済することによる利息の節約効果よりも手数料が上回ってしまって逆に損してしまったり、思ったような効果が出ないことが多くなるので繰上返済のタイミングや金額をしっかりと計算して決めていかなければいけません。これではメリットを受けるのもなかなか難しくなります。

 

新生銀行の場合をみてみると繰上返済はインターネットバンキングを利用した場合手数料0円さらに金額も1円から何度でも可能という破格の条件です。資金に余裕があればいつでも繰上返済をすることができます。極端に言えば毎日の買い物のおつりをコツコツと繰上返済に回すこともできるんです。

 

 

繰上返済手数料0円という条件は他の金融機関ではほとんどが実現できていないのになぜ新生銀行はそれを実現できるているのでしょうか?

これは私ども新生銀行がインターネットバンキングを活用し人的コストや事務コストを徹底的に削減した結果ご提供できているものです。

 

こういったサービスが提供できる理由ですが、やはり、できるだけ人の手を介さず自動的に繰上返済が行われるようなシステムを構築していることがあります。店舗の窓口で申し込みをし、それを受け付け、事務処理を人の手で行い、決済しといった方法では実現不可能なことなんです。

 

お客さまご自身でインターネットバンキングで繰上返済のお手続きを行っていただき、来店や事前にご連絡いただくといった手続きをなくすことで人的コストが削減できます。

 

このようなシステムを作り上げていき様々なコストを徹底的に排除した結果として繰上返済手数料0円が実現できています。

 

お客様がはじめてインターネットバンキングを行うという場合でも、スムーズにお手続きいただけるように操作方法は当行ホームページで詳しくご説明しています。

 

 

手数料0円、1円から何度でもというのはかなり良い条件だと思います。実際に新生銀行の住宅ローンを借りている方で繰上返済を利用されている方はやはり多いのでしょうか?

1カ月単位でみますと当行の住宅ローンをご利用中のお客様の約4人に1人の方が繰上返済を実際にご利用になっています。

 

シミュレーションで繰上返済の効果を見てみましょう。たとえば長期固定金利タイプで年3%の金利で期間30年間・2,500万円をお借り入れした場合ですが毎月の返済額は約10万6千円です。

 

そしてこれに毎月コツコツと1万円をプラスして繰上返済していく場合の効果を見てみましょう。毎月1万円といえば1日では約330円ですから、買い物のおつりを繰上返済する感覚ですね。

 

この場合の繰上返済の効果は、返済期間が3年8カ月短縮され利息は約177万円軽減されます。毎月1万円上乗せしていくだけで4年近く返済期間が短縮できるのです。こまめに繰上返済していくことが住宅ローンの返済をとても楽にしてくれることがわかります。

 

繰上返済による上記のような節約効果を意識して毎月1〜5万円の繰上返済をされるお客さまが多くいらっしゃいます。

 

 

それでは新生銀行住宅ローンの繰上返済の仕方を具体的に教えてください。

当行の繰上返済はお客さまの考え方と好みにあわせて活用していただけるように2つの方法を用意しています。

 

ある程度、資金がまとめて繰上返済をしていきたいという方、あるいはタイミングをしっかり把握しておきたい方はインターネットで自由に返済金額とタイミングを決められる「金額指定繰上返済」がおすすめです。

 

資金に余裕がある場合には手間をかけずこまめに返済していきたいというお客さまにおすすめなのが、あらかじめ指定しておいた普通預金の残高を超える金額が口座にある場合に何もしなくても自動的に繰上返済される「スマート返済(自動繰上返済)」です。

 

繰上返済された金額は全てが直接元金に充当されます。繰上返済をすることでその元金から発生する予定の利息がなくなり返済期間も短くなるという仕組みです。

 

「繰上返済が自分が思っていたよりもずっと簡単にできたおかげで返済期間を短くすることができた」といった嬉しいお言葉を多くいただいております。

 

繰上返済が便利で自由にできたのがよかったという理由で、2度目の住宅ローンも当行を選択された方も実際にいらっしゃるのです。

 

繰り上げ返済が大事なポイント

小額でもいつでもコツコツ繰上げ返済ができる!

徹底的なコスト削減で繰上げ返済手数料0円を実現!

選べる「金額指定繰上返済」「スマート返済(自動繰上返済)」

 

繰上げ返済が手軽でメリットの多い >> 新生銀行住宅ローン

新生銀行住宅ローンの繰り上げ返済と借り換えは?

次は保証料についてお聞かせください。基本中の基本なのですがまず保証料とはどういうものなのかを教えていただけますか?

はい。保証料という制度なのですが、これはお客さまが万が一、住宅ローンの返済ができなくなった場合の残りの債務を保証会社が金融機関に返済をするために必要なお金です。

 

ここで重要なポイントがあるのですが、保証会社があなたの肩代わりをして銀行に住宅ローンの残りを返済しても、あなた自身が住宅ローンの返済を免れることはありません。

 

住宅ローンの債権者が銀行から保証会社に移るだけなのです。つまりあなたは引き続いて住宅ローンの返済を保証会社に対してしなくてはならないのです。あなたの立場は一切変化しません。

 

つまり、あなたが負担しなければならない保証料の実態は住宅ローンを貸し出している金融機関が確実に債務を回収するためだけに必要なものということになります。保証料を払ってもそれはあなたのためではなく借り入れた金融機関の貯めということですね。

 

 

それでは新生銀行では保証会社という仕組みを使っていないのですか?

はい。当行の住宅ローンはお客様には直接メリットがない保証会社のシステムは使いません。当然保証会社に支払う保証料の負担もなし。つまり新生銀行の保証料は0円になります。

 

保証料の金額は貸出期間や金額で変わりますし、金融機関によっても変化しますから、いくらお得になるとは一概には言えません。しかし保証料を払わなくて良いため初期費用を節約して頭金を増額したり、借り換えの諸費用抑えることができるので非常に好評をいただいております。

 

 

それでは諸費用についてうかがいます。諸費用の内訳としてはどのようなものがありますか?

まず、事務取扱手数料が無料中。この手数料は借り入れ金額などで変わることはなく一律同じ金額です。さらにこの手数料の中には鑑定費用の8,000〜40,000円や個人信用情報照会費用500円も含まれています。

 

他にも必要な費用として登記手数料・印紙代・司法書士報酬等が必要になります。これは他の金融機関で借りる場合もほぼ同じ金額になるはずです。

 

さらに死亡や高度障害などで支払いが不可能になった場合の「保証」は団体信用生命保険でカバーします。団体信用生命保険の保険料は当行が負担します。

 

新生パワースマート住宅ローンは保証料・諸費用が安い

保証料0円だから諸費用が安く借り換えがお得!

事務取扱手数料は一律50,000円

 

諸費用を節約したいなら >> 新生銀行住宅ローン

 

次に人気の借り換えローンについて教えてください。まず新生銀行は借り換えしやすいそうですが、なぜ借り換えしやすいのでしょうか?

まずは借換えの際の必須条件ですが金利水準が低いことは当然です。

 

借り換えすることで元のローンよりも金利が下がれば支払総額が減りますから、毎月の返済負担が軽くなるのは当然ですよね。「どのローンも金利は変わり映えしないから借換えをしても返済が大幅に楽になるとは思えない。」という考えで借り換えを躊躇される方もいらっしゃりますが当行の借り換えローンは金利だけがメリットではありません。もっと返済負担を軽くすることができるのです。

 

ほとんどの金融機関の借り換えローンは借り換え時の借入期間は元になる住宅ローンの残存期間以内という制限がついています。つまり例えば、元のローンの返済期間が残り20年の場合、借り換えローンの返済期間も20年以内になります。

 

しかし新生銀行の借り換えは元のローンの残存期間に関係なく状況に応じて最長35年間のお借り換えができるのです。つまり返済期間を延長できるのです。このことで毎月の返済額をぐっと抑えることも可能になります。※ ただし、住宅ローンの完済時の年齢が80歳未満であることという条件が付きます。

 

 

返済期間を延ばすということは当然総支払利息は増えますよね?そうすると毎月の負担を少なくすることに注目して返済期間を延ばしても結果的にメリットが少なくなることもありそうですが?

確かに返済期間を延ばせば総支払利息は増えます。しかし、ここでもう一つの当行のメリットである繰上返済を活用することでそのデメリットは打ち消すことができるのです。ローンの返済期間を延ばすことは通常不可能なことですが繰上返済はいつでもお客様の都合に合わせて行うことができますよね。借換えで返済期間を延ばして繰上返済を行うことには次のような相乗効果があります。

 

返済期間を長くすることで毎月の返済額を低く抑えておく。このことで将来的に予期せぬ出来事があっても余裕をもって対応可能。そして返済期間が長くなった分は繰上返済を上手に活用して余裕があるときにこまめに返済していくことができるのです。これは様々なリスクに柔軟に対応できるメリットがあります。

 

新生銀行住宅ローン借り換えのメリット

借り換え期間を最長35年に延長可能!

期間延長で毎月の返済額を少なくできる!

 

人気の借り換えローンなら >> 新生銀行住宅ローン

新生銀行で住宅ローンを借りるのはどんな人?

ポイント4の土・日・祝日も相談できるコールセンターは平日は仕事で忙しいという方には本当に便利ですね。

やはり平日は忙しくてなかなか時間が取れないし相談する余裕がないというお客さまが多くいらっしゃります。そのような方でも気軽にご相談いただくために住宅ローン専用コールセンターとして年末年始の休業日(12月31日から1月3日まで)を除いた毎日9時〜19時までお問い合わせとご相談を受け付けております。

 

また、ご相談の方法についてなのですが ご希望にあわせて、店頭でも電話や郵送でも、どのような方法でも専門スタッフがしっかりサポートします。

 

 

その他についての質問になりますが、新生銀行の住宅ローンの場合新規に借り入れる方と借り換えをされるれる方の割合はどのようになっていますか?また借り換えされる方はどういった理由から借換えについて検討されているのでしょうか?

まず、新規と借り換えについてですが、当行の場合お申し込み件数ベースでは借り換えのお客様の方が新規借り入れのお客様よりやや多くなっているという特徴があります。

 

お客様が借り換えを検討されている理由についてはやはり金利の問題が大きいようです。変動金利でお借り入れ中のローンが金利の見直しで引き上げられることがきっかけで借り換えを本格的に検討し始めたというお話はよく耳にしますね。

 

そして借り換え先として当行を選択していただく理由は金利水準が低いことに加えて保証料0円・繰上返済がしやすいということで返しやすさが決め手となっているようです。

 

 

住宅ローンの借り入れを申し込む方の年齢の分布はどのようになっていますか?

30代から40代のお客さまが約8割を占めます。マイホームを購入される方のボリュームゾーンと同じですね。そしてそのあとに続いているのが50代のお客様です。※(※2010年4月22日現在)最近では50代の方で借り換えを検討される方が増えています。ライフプランの見直しの一環として住宅ローンのお借り換えを検討される方が増えているということです。

 

 

ライフプランの見直しとは具体的にはどのようなことをされるのでしょうか?

多くの方に共通するのがお子様の教育費の問題です。

 

お子様が大学を卒業するなど教育費がひと段落するまでは新生銀行で借り換えをして返済期間を延ばす。そのことで毎月の返済金額を低くおさえて負担を軽くしておく。そして大学卒業などで教育費用がかからなくなってからは繰上返済を退職金なども活用しながら積極的に行い返済期間を短縮する。というケースが見られます。それぞれの方のライフプランにあわせて住宅ローンの返済計画を調整できる柔軟さがあるんですね。

 

 

次に金利タイプについて伺います。金利タイプをどれにするかというのは住宅ローン選びでも重要なポイントだと思うのですが、新生銀行の住宅ローンには変動金利(10年特約)、変動金利(半年型)や当初固定金利タイプ、長期固定金利タイプなど様々な種類用意されていてどれにすればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。実際にそれぞれのタイプを申し込むお客さまの割合について教えてください。またそれぞれの金利タイプが選ばれている理由はどういったものがあるのでしょうか。

金利タイプの選択はお客様の考え方やその時の経済状況によって変わってきます。現在人気なのは、「半年型の変動金利タイプ」「当初固定金利タイプ(10年)」「10年間特約つき変動金利」の3タイプです。この3つ金利タイプで実に住宅ローンのお申し込みの7割※になります。(※2010年4月22日現在)

 

選ばれている理由については現在の低金利の状況を最大限に活かしてすことを念頭に置いて、今のうちに繰上返済も同時に進めていきたいとお考えの方には金利が非常に安い「変動金利(半年型)タイプ」が人気です。低金利の政策を最大限に生かせるのがメリットですね。

 

そして、固定金利である程度期間をまとめて毎月の返済額を確定させたいとお考えの方に人気なのが「10年間の当初固定金利タイプ」です。

 

当初固定金利タイプには期間によって様々なタイプがありますが、中でも人気なのが10年間金利が固定されるものです。これはライフステージを考慮して10年間という期間は返済金額を一定にさせておきたいと希望されるかたが多いこと。

 

そして心理的にみても10年間というのはある程度予測できる期間であるという理由もあります。

 

さらに今の低金利を活かしながら、この先経済の状態の変化によって金利の上昇が続く場合には固定金利に変更できるという、固定と変動の両方のいいところを組み合わせたいという方には「10年間特約つき変動金利タイプ」がおすすめです。

 

お借り入れの当初10年までは変動金利のメリットを享受しつつ金利が上昇局面に入ったと判断された場合、好きな時にその時点の所定の固定金利に変更できるというのがこの商品の特徴です。

 

新生銀行で借りる人の特徴

新規よりも借り換えがやや多い

年代別では30代〜40代が8割

「変動金利(半年型)タイプ」「当初固定金利タイプ(10年)」「10年間特約つき変動金利タイプ」の3タイプで7割を占める

 

ライフプランに合わせた借り入れ >> 新生銀行住宅ローン

もう少しお話を聞かせていただいてかまわないでしょうか。購入する物件についてなのですが、中古物件を買うという場合でも新生銀行の住宅ローンは借りることができるのでしょうか?借り入れ可能な場合、中古物件購入の審査にあたっての注意点があれば教えてください。

一戸建てでもマンションでも中古の物件を購入する際に新生銀行パワースマート住宅ローンをお申し込みいただくことは可能です。

 

細かなお借入の条件等については当行ホームページの「お申し込みにあたって」のページでも確認してください。

 

また詳細について不明な点がありましたら、当行のコールセンターまでいつでも気軽にお問い合わせください。

 

 

数千万円というローンを組み長期間にわたって返済していかなければいけない住宅ローンの借り入れは不安が大きいものだと思います。新生銀行ではその点に関してどのようなサポートを行っているのでしょうか?

いつでも安心してご相談いただけるように新生銀行のサポートはお申し込み後はお客さま一人一人に担当スタッフがつきます。

 

必要書類など審査の過程でのサポートからお借り入れ条件のご相談などしっかりサポートさせていただいています。

 

お借り入れ後については、例えば金利タイプで当初固定期間終了後の再選択や返済についてのご相談があります。これも住宅ローン専用コールセンターで承っております。

 

住宅ローン専用コールセンターの受付時間は年末年始の休業日(12月31日から1月3日まで)を除いた毎日9時〜19時までです。お借り入れ後も充実したサポート体制をご用意しています。

 

 

普段からお客さまと接していらっしゃる中で新生銀行の住宅ローンが選ばれている理由はどこにあると感じていますか?

そうですね。繰り返しになるかもしれませんが、金利が低いこと。保証料0円・団体信用生命保険料当行負担など諸経費やすいこと。そして繰り上げ返済や借り換えがしやすく完済までしっかりサポートしてくれるサービスと利便性の高さがあることです。

 

借り換えの場合※元のローンの残り期間に関係なく返済期間を最大35年間まで伸ばしてのお借り換えが可能といった柔軟性の高さもあります。(※ただし、住宅ローンの完済時年齢が80歳未満であることが条件です。)

 

そして一番大事なのは、上記のようなスペック上のポイントだけではなく「最終的にはスタッフの方の対応が良かったので安心して住宅ローンの借り入れを決めることができました」とお声がけいただけることだと思っています。こういった声をいただくとお客さまの期待にしっかりお応えし続けていかなければ、と背筋の伸びる思いがします。

 

 

今後、さらに新生銀行住宅ローンの商品力を高めていくためにはどういったサービスが必要でしょうか?

仕事など毎日忙しいお客さまに代わって、住宅ローンのお借り換えをより強力にサポートできるような体制を整えていきたいですね。

 

また当行で住宅ローンを借りてよかったと一人でも多くのお客さまに思っていただけるようにわかりやすく安心して相談いただける体制を構築することを目指していきたいと思います。

 

 

本日はありがとうございました!ご興味のある方は是非新生銀行のホームページをご覧ください!

 

新生銀行パワースマート住宅ローンとは?

中古物件でも借入可能!

担当スタッフによるサポートと専用コールセンターで安心

 

好条件と親身のサポート >> 新生銀行住宅ローン