新生銀行住宅ローンの繰上返済

新生銀行の手軽にできる繰上返済のメリットは何?

親子
ここでは非常にメリットが多く住宅ローン選びの決め手にしている方も多い繰上返済についてご案内します。

 

新生銀行の住宅ローンの繰上返済は他の金融機関と比べてもかなり優れています。繰上返済手数料は0円で1円から可能。

 

新生銀行は元利均等返済で返済当初は利子の支払いの割合が多く元本が減りにくいのですが繰上返済は全てが元本に充当されますから効果的に元本とそれにかかる利息を減らしていくことができます。

 

新生銀行では期間短縮型のみの取り扱いとなりますから、繰上返済をすることによって毎月の返済額を安くすることはできません。毎月の返済額は低く抑えて繰上返済を行っていくのがおすすめです。

 

繰上返済の方法ですが、返済のタイミングと金額を自分でコントロールしたい方のための金額指定繰上返済と、あらかじめ決めた金額よりも口座残高がオーバーした場合自動的に繰上されるスマート返済(自動繰上返済)の2つの方法があります。それぞれの方の志向に合った方法を選ぶことができるのです。

 

他の金融機関と比較すると、多くの金融機関で繰上返済は可能です。しかし金利タイプや繰上する金額によって5千円〜5万円程度の手数料がかかります。

 

せっかく繰上返済をしようと思っても数万円の手数料が必要では手数料と軽減される利息の計算をしなければ逆に損をしてしまうことにもなりかねません。手数料で払うその数万円を支払いに回したいのは当然のことです。

 

さらに手数料が数千円もかかれば、毎月コツコツと返済していく事も実質的に不可能。毎日の買い物のおつりを繰上返済に回すといったことももちろんできません。

 

手数料以外の点を見ると、例えばフラット35は繰上返済手数料は無料です。しかし繰上返済を行う場合には1か月前までに金融機関に申し出が必要。

 

そして繰上返済の最低金額が100万円に設定されています。

 

100万円からしか繰上返済ができないのではあらかじめ貯金をしておいてしっかり貯めてから行うしかありません。思いついた時にちょっとだけという方法は不可能です。

 

新生銀行住宅ローンの場合上記のような心配を一切することなく、資金に余裕があればコツコツと返していくということも可能なのです。

 

最後に新生銀行のホームページで行えるシミュレーションで繰上返済の効果を試してみましょう。

 

仮に、金利は当初固定10年のタイプで2000万円を期間30年で借り入れる(ボーナス返済無し)とします。

 

この場合、現在の金利水準では毎月の返済額は約7万5千円。30年後の利息の総額は860万円となります。

 

これに返済1年後から毎月1万5千円ずつ繰上返済を行うと返済期間を6年4カ月短縮、利息は約220万円軽減されるという結果がでました。

 

毎月コツコツと行う繰上返済のメリットの大きさがわかります。新生銀行の住宅ローンはこの繰上返済の効果を考慮に入れて返済計画を立てていけるのが魅力なのです。

借り換え・繰上げ返済がお得なパワースマート住宅ローン