新生銀行住宅ローン借り換え

新生銀行住宅ローン借り換えのメリットは何?

夫人
借り換えのしやすさが新生銀行パワースマート住宅ローンの大きな魅力の一つ。実際に新生銀行の新規借り入れと借り換えの件数はほぼ同じか借り換えがやや多くなっています。

 

住宅ローンを借り換えることのメリットは金利がより低いものに借り換えることで返済総額が少なくなり毎月の負担が減る、もしくは返済期間が短くなること。

 

一般にいわれている目安としてはローンの残存期間が10年以上・金利差は1%以上・ローン残高が500万円以上の場合には諸経費などを引いても効果が高くなるため積極的に借り換えを検討すべきとされています。

 

新生銀行の場合借り換えることで受けられるメリットはこれだけではないのです。

 

新生銀行の借り換えローンではローンの借り入れ期間を再調整できるというメリットがあるのです。

 

借り換えローンは普通、借り入れ期間は元の住宅ローンの残存期間以内という制限があります。ですから、ローンの残り期間が15年の時に借り換えるとそのローンの返済期間も15年以内に設定されます。借り入れ期間を延長することはできません。

 

しかし新生銀行の場合は借り換えでも元のローンの残存期間にかかわらず最長で35年間(注 完済時の年齢が80歳未満であること)で借り入れることができます。

 

返済期間を延ばせば毎月の支払金額をぐっとおさえることができます。もちろん返済期間を延ばすと支払利息が増えることになるのでその点が不安なかたもいらっしゃるでしょう。

 

しかし、その点も繰上返済を組み合わせることで解消することができます。

 

実際にライフプランの見直しで借り換えを行い進学などで子供の教育費が必要な間は期間を延ばして返済額を少なくおさえる。そして子供の教育費がかからなくなってからは退職金や余剰資金を活用して繰上返済を行い返済期間を短縮する方もいらっしゃいます。新生銀行の借り換えローンはこの柔軟性が大きな魅力として支持されているのです。

 

景気の変動など将来何が起こるかわかりにくい現在、月々の支払いは低く抑えて十分余裕を持って返済。このことで不意の変化にも対応しやすくしておき、反対に資金に余裕がある時に積極的に繰上返済で返済期間を短縮していくという考え方が最近の流行。そういった考え方にも柔軟に対応できるのが新生銀行のパワースマート住宅ローンです。

借り換え・繰上げ返済がお得なパワースマート住宅ローン